映画『シャイニング』あらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想

日本では1980年12月13に公開された映画『シャイニング』。

この記事では、映画『シャイニング』のあらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想をご紹介します。

小説家志望のジャックは、妻のウェンディと息子のダニ―を連れて、オーバールックホテルを訪れます。彼の目的は、管理人として働くことでした。しかし、そのホテルでは、過去に残虐な事件が起こったという、いわく付きでした。それでもジャックは、ホテルで働くことを決めます。しかし、ホテルでは、正体不明の存在が潜んでいました。その存在によって、ジャックはおかしくなっていきます。

映画『シャイニング』のあらすじ(ネタバレなし)

小説家を志すジャック・トランスは、ホテルの管理職として働くために、オーバールック・ホテルに訪れます。彼には、妻のウェンディと、特殊な能力を持つ息子ダニーがいました。そして、オーバールック・ホテルは、かつて管理人が、斧で家族の命を奪ったといういわくがあるところでした。そのことを気にかけず、ジャックはホテルで働くことを決めます。しかし、ダニーが、ホテルの中に何かがいることに気付きます。さらに、ジャックは正体不明の存在に影響を受けてしまいます。その結果、ジャックはウェンディとダニーの命を奪おうと、襲い掛かってくるというストーリーです。

映画『シャイニング』のみどころ

「シャイニング」の魅力は、全体的な不気味さです。健全だったはずの登場人物が、正体のわからない存在によって、次々とおかしくなっていく様子が見られます。そして、その狂気には、リアリティがあります。撮影時には、数えきれないほどのテイク数がかけられています。1シーン当たりのテイク数で、ギネス記録に登録されているほどです。何度もテイクを重ねて、出演者を実際に追い詰め、狂気を演出するという手法です。そうして表現される、本当の恐怖や異常さが魅力です。現代では、そのような手法は、コンプライアンスの問題で実現できません。そのため、リアルな表現が見られる、貴重な作品と言えるでしょう。

映画『シャイニング』の解説

「シャイニング」は、1980年に公開されたアメリカ映画です。スティーブン・キング原作の、同名小説を映画化してあります。公開当時は賛否両論で、原作者も批判しています。しかし、現代では、名作のひとつとして扱われます。そして、舞台となるホテルの外観には、オレゴン州に実在するロッジがモデルに使用されています。原作では、ホテルの217号室で異変が起こりますが、モデルのロッジにも217号室が存在します。そのため、映画では237号室に変更してあります。また、作中で最も有名なのは、斧で裂けたドアからジャックが顔を覗かせるシーンです。そのシーンを撮影するために、およそ2週間がかけられています。

映画『シャイニング』の感想

「シャイニング」は、スタンリー・キューブリックが得意とする、狂気を感じられる映画です。そして、視聴した人によっては、視聴後でも恐怖心が拭えなくなるかもしれません。そのため、強烈な名作ホラーが見たいという人に「シャイニング」をおすすめします。

映画『シャイニング』の登場人物・キャスト

ジャック・トランスジャック・ニコルソン
ウェンディ・トランスシェリー・デュヴァル
ダニー・トランスダニー・ロイド
ディック・ハロランスキャットマン・クローザーズ
スチュアート・アルマンバリー・ネルソン
デルバード・グレイディフィリップ・ストーン
グレイディの娘リサ・バーンズ
ルイーズ・バーンズ
ロイドジョー・ターケル
医師アン・ジャクソン
ラリー・ダーキントニー・バートン
浴室の若い女リア・ベルダム
浴室の老女ビリー・ギブソン

映画『シャイニング』のスタッフ

監督スタンリー・キューブリック
脚本スタンリー・キューブリック
ダイアン・ジョンソン
製作スタンリー・キューブリック
製作総指揮ヤン・ハーラン
音楽バルトーク・ベーラ
クシシュトフ・ペンデレツキ
リゲティ・ジェルジュ
ウェンディ・カルロス
アル・ボウリー
撮影ジョン・オルコット
編集レイ・ラヴジョイ