映画『英国王のスピーチ』あらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想

日本では2011年2月26日に公開された映画『英国王のスピーチ』。

この記事では、映画『英国王のスピーチ』のあらすじ(ネタばれナシ)・みどころ・解説・感想をご紹介します。

子供の頃から吃音症に悩むイギリス国王のジョージ6世が妻のエリザベス妃と言語療法士の男ライオネル
三人で共に吃音克服のために奮闘し、「英国史上もっとも内気な王。」だったジョージ6世が
国民に愛される国王になった生きた実話を映画化した作品です。
友情と苦悩に揺れ動くジョージ6世のリアルが感動的に描かれています。

映画『英国王のスピーチ』のあらすじ(ネタバレなし)

1925年に開かれた大英帝国博覧会の閉会式でヨーク公アルバート王子(後のジョージ6世)は、エリザベス妃に見守られて
父王であるジョージ5世の代理として演説を行いました。
しかし、吃音症のため演説の結果は悲惨なものになってしまい、聴衆にも落胆されてしまいます。
これまでもアルバート王子は、吃音症を克服しようと頑張っていましたが、改善できた医師は一人として現れませんでした。
落ち込むアルバート王子を心配したエリザベス妃は、アルバート王子をロンドンへ連れ出し、ライオネル・ローグという名の言語聴覚士のオフィスを訪れます。

映画『英国王のスピーチ』の解説

『英国王のスピーチ』は、日本では2011年2月26日に上映が始まりました。
第83回アカデミー賞では、主演男優賞、監督賞、作品賞、脚本賞と4つの賞を受賞し世界の注目を集めました。
主演男優賞を受賞したコリン・ファースでしたが実は国王役候補の3番手だったのです。
監督のトム・フーパーは、国王役の最有力候補としてヒュー・グラントにオファーを出していたのですが断られてしまいました。
2番手に名前が挙がった、ポール・ベタニーにも出演を断られ、そこでやっとコリン・ファースに出演の話が来ました。
トム・フーパー監督は、「コリンと会って話をするうちに、彼が国王を演じるべきだというディープな実感が湧いてきた」と記者に語ったそうです。

映画『英国王のスピーチ』のみどころ

「英国王のスピーチ」の見どころは、アルバート王子とライオネル・ローグの関係性の変化です。
最初は、ライオネル独自の治療方法に反発して治療を断ります。
けれど、ひとつのきっかけで二人には、信頼と友情が生まれだし、アルバート王子も心を開いていきます。
今まで誰にも言えなかったアルバート王子の苦悩や葛藤を話す場面は、当時の時代の厳しさを観れるシーンになっていて
思わず息をのみながら観てしまいます。
ライオネル・ローグ独自の治療法もこの映画の見どころです。
現代で考えれば納得できる治療法も、当時の王室の人にこの治療をしてもらうのは凄いなっと思います。

映画『英国王のスピーチ』の感想

「英国王のスピーチ」ですが、本当に少年漫画のような熱さがある映画でした。
王室の実話とは思えないような友情・努力・勝利の三原則が盛り込まれていて面白かったです。
王子とライオネルの関係もすてきですが、ヘレナ・ボナム=カーターが演じるエリザベス妃も素晴らしかったです。

映画『英国王のスピーチ』の登場人物・キャスト

ジョージ6世コリン・ファース
ライオネル・ローグジェフリー・ラッシュ
エリザベス妃ヘレナ・ボナム=カーター
エドワード8世ガイ・ピアーズ
ウィンストン・チャーチルティモシー・スポール
大司教コスモ・ラングデレク・ジャコビ
マートル・ローグジェニファー・イーリー
ジョージ5世マイケル・ガンボン
エリザベス王女フレイア・ウィルソン

映画『英国王のスピーチ』のスタッフ

監督トム・フーパー
脚本デヴィッド・サイドラー
製作イアン・カニング
エミール・シャーマン
ガレス・アンウィン
製作総指揮ポール・ブレット
マーク・フォリーニョ
ジェフリー・ラッシュ
ティム・スミス
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
撮影ダニー・コーエン
音楽アレクサンドル・デプラ